万が一の時に焦らないために「お葬式の準備」について

お葬式への知識は持っておくほうがいい

お葬式への知識は持っておくほうがいい 人の死は予想されるものと予想されない時があります。高齢で寝たきりになっていれば、死期が近いかなとご家族は考えるものですし、御病気され余命宣告を受けている方がいれば、残念ながら死が近いことを理解し、少しずつでも準備を行っていくこともあります。しかし人はどんなに健康であっても、どんなに元気でいても、いつ死ぬかについては誰もがわからないといえるのです。健康でとにかく元気だけが取り柄といっていた人がいきなり突然死することもあります。交通事故にあったり、何かの事件に巻き込まれて命を落とすこともあり、人の死期は予想できるものではありません。

大切な人、ご家族について万が一ということを考えるのは、たとえ想像であっても気持ちがいいことではなく、できれば考えたくないことです。しかし、いつ何時何があるかわからない世の中だからこそ、死に関する事を少しずつ知識として持っておくべきでしょう。死に関連する事として、ある程度の年齢になると考えるのがお葬式のことです。自分が死んでから遺族がどのようなお葬式を考えるのか、お葬式に費用がかかり大変な苦労をするのではないか、こうしたことを考えて遺言を書いたり、人によっては自分のお葬式を行う葬儀社に相談に行く方もいます。

自分亡き後、子供たち、伴侶がしっかりしているので大丈夫と思える人もいると思いますが、多くは、自分亡き後を心配し、伴侶も子供も何もわからないままで困り果てるのではないかと心配されます。特にご病気されている方、高齢でこの先が短いのではないかと考える方にとって、自分の死後は心配されることです。もちろん、死にゆく人を弔う立場になる人にとっても、お葬式は未知の儀式となるため不安が大きいと思います。そのため、ある程度、お互いにお葬式に関する知識を持っていることが必要となります。万が一のことあがってから慌てふためき、急ぎ準備を行って後から後悔するよりも、ある程度の知識を持っていてその知識に沿って動くことができるのでは、納得度が変わってくるはずです。

お葬式のことについて、形式を理解しておくこと、自分の菩提寺、宗教などを理解しておくこと、またどのくらいの費用がかかるのか、どのくらいの規模のお葬式をすべきなのか、こうしたお葬式のことについて勉強しておきましょう。それほど難しいことではなく、不安があれば業者の方に相談に行くこともできます。最期のお別れの場に後悔がないように、今から少しずつ考えておくべきです。

お知らせ