お葬式前、危篤や訃報の連絡について

お葬式の準備の始まりは、大切な方の危篤から始まるといっていいでしょう。ときに、危篤ではなく事故などで急逝され、そこからお葬式の準備が始まることもありますが、いずれにしても取り急ぎ、ご家族、親族、友人知人に知らせる必要があります。ご危篤という場合には、死に目に間に合わせたい人に急ぎ連絡をつけることも必要となるため、遠方にお住まいの方は、死期が近いことなどをあらかじめ知らせておけるようなら知らせておくべきです。

危篤という知らせを伝えるときには電話で用件を手短に伝え、伝えるべき人にしっかり伝わるように考えます。目安としては家族、3親等親族、親しい知人友人、勤務先、学校等、また隣近所の方々です。友人知人は代表の方に知らせることで、親しい友人に連絡をつけてくれると思います。隣近所の方についてもこの先、お葬式となれば迷惑をかけあわただしくなりますので、知らせておくことが必要と考えるべきです。

お葬式の準備をするということは、病気されているご家族にとってつらいこととなります。しかし、納得のいく送り出しをするのも遺族の務めです。最期のお別れの場面が後悔するものとならないように、ご遺族の立場としてしっかりお葬式の準備についても考えておくことが必要でしょう。