お葬式の規模、業者の選定も考えておく

亡くなった方の年齢やその時の立場によってもお葬式の規模は違ってきます。最近はご家族だけでお見送りしたいと、公人であっても小規模なお葬式とし、後にお別れの会を設けるなどされることも多くなっています。ただ立場によってお葬式の規模を大きくせざるを得ないこともあります。

企業の代表者が死亡した場合、お葬式、告別式の場が公ではないにしても次期社長の事実上のお披露目となることもあり、企業葬やご家族との合同葬という形をとることが必要なこともあるのです。また病気された年齢が若く、バリバリと仕事をされていた年代に亡くなられた場合、一般葬を行う時でも参列される人数が多くなることが予想されます。

大きな規模のお葬式にするつもりがなくても、結果的に人数を把握してみると大規模なお葬式といえる人数になることもあります。この先、お葬式を考えるとき、その方の立場、年齢、生活の状況によってお葬式の規模についてもしっかり考える事が必要です。

またその時、業者についても理解が必要となります。大規模なお葬式を行う場合、やはりその経験がない業者に依頼するのは不安があります。どのようなお葬式となるのか予測することで、実際に主軸となって動いてもらう業者の選定にもかかわってくるのです。