お葬式の喪主は誰にすべきか

お葬式となれば喪主に関しても考えておく必要があります。通常喪主は亡くなった方ともっとも縁の深い方が勤めるのが通常です。ご主人が亡くなった場合には奥様、奥様が亡くなった、またお子様が亡くなった場合にはご主人様、祖父母が亡くなった時には、通常親族の男性が行うことが多くなっています。未成年のお子さんがその立場になることも少なくありません。ご両親が離婚されてシングル親というご家庭も多くなり、その親御さんが亡くなった場合、最も近しい肉親はお子さんです。

未成年のお子さんが喪主となる場合、親族の一人が後見人という立場に立ち、表向きの喪主はお子さんでも、実質的な喪主としての役割を果たすのは後見人となります。自分は喪主となることはこの先まだないだろうと考えていたのに、親族で不幸があったとき、思いもよらず喪主となることもあるので、喪主がなすべきことについてもある程度の年齢になったら少し理解しておくほうが安心です。

またよく勘違いされる方おられますが、喪主、施主は同じ立場ではありません。施主というのはお葬式費用に関して負担する人という意味で、喪主、施主が別となっている場合、お葬式を取り仕切るのが喪主、費用を負担する人が施主と考えます。最近は喪主と施主が同一ということが多いのですが、まれに施主と喪主が違うこともあるので、知識として覚えておくことが必要でしょう。